チームセリザワ ゴルフアカデミー共同開発:TS コンプリートスイング

[GV0367]

アームローテーションとボディーターンを徹底的に基礎から見直せる矯正練習アイテム

TS コンプリートスイング 製品特長

 

芹澤信雄プロが校長を務める「チームセリザワ ゴルフアカデミー」と共同開発 第2弾

藤田寛之プロの師匠でもあり数多くのプロゴルファーを指導して有名な芹澤信雄プロが校長を務める「チームセリザワ ゴルフアカデミー」と共同開発の第2弾のアイテムになります。第1弾は安定性を高めるパッティング練習器「TSパッティングストローク」でしたが、第2弾はスイングの改善をする練習器になります。

アームローテーションとボディーターンを複雑に混在して理解している方も多く、その改善には苦労すると思われます。なかなかうまくスイングができず安定した打球が出ないゴルファーにオススメする練習アイテムです。
まず、アームローテーションを徹底的に習得してそのあとにボディーターンを組み込み理想的なスイングを練習できるアイテムです。理想的でないスイングをすると本製品の「ストッパープレート」が腕に当たり正しいスイングに導いてくれます。自宅での反復練習はもちろんですが、ゴルフ練習場などで装着して実球を打ちながら練習することをオススメします。

 


¥5,000(本体価格)


パッケージサイズ
220x390x40 (mm)
素材
本体生地:ポリエステル
ストレッチベルト:ラバー
ストッパープレート芯材:ポリエチレン

練習方法

1 アームローテーション単独の動きを練習

スイングにおいて腕の仕事はクラブを規則的に動かすことです。腕を左右のストッパープレートに当たらないよう、対称的に動かすことでクラブの最下点がブレにくくなり、軌道が安定します。この時、ボールにヒットすると軽いドローボール(ボールがつかまっている状態)になります。練習場等などで実球を打てる環境の時には合わせて確認をすることができます。

 

確認ポイント

テイクバック時

「右ひじが下向き」「左腕がまっすぐ(地面と水平)」
になっていることを確認


フォロー時

「右腕はまっすぐ(地面と水平)」「左ひじが下向き」
になっていることを確認

 

2 アームローテーションにボディーターンを組み合わせたスイングの練習

1で行ったアームローテーションの動きにボディーターンを加えると
・テイクバック+体を右にねじる=トップ
・フォロー+体を左にねじる=フィニッシュ
の体制になります。この一連の動きでワンスイングが完成します。

ワンスイングが動作の中でストッパープレートの当たりを感じないように体を動かすことが理想のスイングへの第一歩です。

 

TSコンプリートスイング練習方法(動画解説)

TSコンプリートスイング練習方法をチームセリザワ ゴルフアカデミー のヘッドコーチ 高田プロに解説してもらいました。ぜひご覧ください。